2014年6月26日木曜日

Windows 8.1(無印)からWindows 8.1 Proにアップグレード

Dell Inspiron 15 7000 / Windows 8を購入し、いろいろWindows 7風に操作をカスタマイズして快適になった。(タブレットを意識した操作画面は、ノートPCには不向きで、ましてアプリの開発&MMORPGにPCを使っている身にとってタイル画面や全画面表示なんて無用の長物です・・・)


今回、DELLから購入したPCにバンドルされているWindows 8は無印で、これだと、クライアントHyper-Vとかいろんなツール(例えばグループポリシーエディターgpedit)がありません。


そこで、BizSparkのMSDNをもっているので、Windows Proにアップグレードすることにしました。
作業は簡単で、コントロール パネル->すべてのコントロール パネル項目->システム
->「Windowsの新しいエディションで機能を増やす」でプロダクトキーを入力するだけで、アップグレードできます。(WindowsのUPDATEのような感覚でできます。)
アップグレード後、ライセンス認証リンクが有効になっていますので認証して終了です。
カスタマイズした環境はすべて引き継がれます。
(Windows8.1 proのメディアとか必要ありませんでした。)



2014年6月1日日曜日

chromeで「このウェブページにアクセスできません」が頻発し出した。

ここ2,3週間ぐらい前から、chromeで「このウェブページにアクセスできません」が
時々出るようになった。リロードすると表示されるので気にしなかったのですが、
ここ2,3日で発生頻度がひどくなってきた。ほとんどのページで
「このウェブページにアクセスできません」となるものの再アクセスをすると表示される。


===>追記:http://support.eonet.jp/ac/273/
EO光の「DNSサーバーの障害発生について」でした。
========================


1) chromeの履歴・キャッシュを全部削除、cookieも全て削除。
 =>直らず。 
2) ケイ・オプティコムの回線終端装置、eo光電話アダプタ、YAMAHA RTX1000を再起動。
 =>直らず
3) セキュリティーソフト:Microsoft Security Essentialsを停止
 =>直らず
どの対処もだめで、自分だけでなく、家族の者も同様の症状。
"ERR_NAME_RESOLUTION_FAILED"<=最初からこのエラーメッセージを出してくれればすぐに分かったのに・・・・
とういことで、DNSが引けてないか、不安定のようです。

PCはDHCPで、DNSサーバはルーター(192.168.0.1) が自動指定されています。
とりあえず、DNSをケイ・オプティコムのDNSに直接指定して大丈夫になりました。
YAMAHA RTX1000は、昔、中古でオークションで買ったもので、また中古でYAMAHA RTX1100にでも買い直します。

==DNS IPアドレスの調査 ==
YAMAHA RTX1000
# show status pp 1
PP[01]:
PPPoEセッションは接続されています
接続相手: K-OPT-BAS
通信時間: 25分18秒
受信: 102625 パケット [119392934 オクテット]  負荷: 0.3%
送信: 72139 パケット [9785312 オクテット]  負荷: 0.1%
PPPオプション
    LCP Local: Magic-Number MRU, Remote: CHAP Magic-Number MRU
    IPCP Local: IP-Address Primary-DNS(60.56.0.135) Secondary-DNS(218.251.89.134), Remote: IP-Address
    PP IP Address Local: 182.166.175.187, Remote: 101.143.252.75
    CCP: None

==DNSサーバの設定===
代替サーバにSecondary-DNS(218.251.89.134)を指定しても
いいですが、googleの8.8.8.8を設定。(深い意味はありません。)



2014年5月29日木曜日

MAC Boot Camp Support Software 5.1.5621 / ビデオドライバー / OpenSim

BootCampが5.1にUPDATEされていましたので、5.0からUPDATEしました。


MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)で、BootCamp 5.0 (Windows 7)の時は、
OpenSimのViewer Firestorm-Beta 4.5.1を使うと起動時に「サポート外のビデオカード・・」とダイアログが出ていました。
無視してログインすると一応画面が出てきますが全体的に金属光沢がかかったような画面になっていました。
また、Windowサイズを変更すると、メニューバーからのプロダウンが透明化されて白文字しか表示されず見づらかったのですが、これが解消されました!


まあ、綺麗な画面で見たいときは、MACで起動してFirestorm-Beta 4.5.1で
動かしていたのですが、これでBootCamp 5.1 (Windows 7)でも綺麗に表示されます。

※ビデオドライバーがUPDATEしたようにも思えないのですが、何がかわったのだろうか?BootCamp 5.1にUPDATEした時にビデオドライバーが再インストールされ治ったのかもしれません。(画面解像度とか初期化されていたので再設定した。)


さくらのVPS「ローカルネットワーク 大阪リージョン」追加

3/13にVPS 大阪リージョンもローカルネットワークが追加されていました。
当方は、大阪リージョンで2台のVPSを借りていますので早速設定しました。
一つは、www.picolix.jpでCentOS release 6.5で、もう一つは、www.sco.jpでWindows 7 Ultimateです。(windowsはISOイメージでインストール)
www.sco.jpからwww.picolix.jpへ画像キャプチャーデータの転送をリアルタイムで行っているのですが従来だとインターネット経由(といっても上位のどこかのスイッチで折り返していると思いますが。)でしたが、これがローカルネットワーク経由(1Gbps ベストエフォート)で転送できるようになります。(すばらしい!)

ということで早速設定することに。
1)管理画面からサーバを再起動すると、ネットワークアダプターが2個増えて全部で3個になります。
※サーバをリブートしても増えず、VPSコントロールパネルから再起動したら増えていました。

2)スイッチ(仮想)を追加します。10個まで無料で追加できます。
3)スイッチにサーバを接続
  それぞれeth1に接続
  ※サーバを停止させていないと接続追加できません。


5)サーバネットワーク設定
 ■www.sco.jp/ Windows 7 Ultimate
   ローカル エリア接続 2 : eth2
   ローカル エリア接続 3  : eth1
   が生成されていますので、ローカル エリア接続 2は使わないので、無効にする。
   ※環境によっては、ローカル エリア接続 2がeth1,ローカル エリア接続 3がeth2に
   なる場合もあります。DOS窓で、ipconfig /allと打ってMACアドレスでどちらに割り当てられたかを事前に調べておきます。


  ローカル エリア接続 3にIPアドレス 192.168.200.10を設定


 ■www.picolix.jp / CentOS release 6.5
  [root@www ~]# ifconfig -a
  で、eth1,eth2が追加されていることが分かります。
  [root@www ~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
  [root@www network-scripts]#
  [root@www network-scripts]# cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth1
  viでifcfg-eth1を編集
  [root@www network-scripts]# cat ifcfg-eth1
  DEVICE="eth1"
  IPADDR="192.168.200.11"
  NETMASK="255.255.255.0"
  ONBOOT="yes"
  TYPE="Ethernet"
  ARPCHECK=no

  ついでに、 ifcfg-eth0にARPCHECK=noを追加
  どういうわけか、ARPCHECK=noを入れないと、eth1をifupした時に、
  eth0が応答しなくなります。
  [root@www network-scripts]# cat ifcfg-eth0
  DEVICE="eth0"
  IPADDR="YY.YYY.YYY.YYY"
  NETMASK="255.255.254.0"
  GATEWAY="XX.XX.XX.XX"
  ONBOOT="yes"
  TYPE="Ethernet"
  ARPCHECK=no

    [root@www network-scripts]# ./ifup eth1
  でeth1有効化
  これで、www.sco.jp 192.168.200.10にアクセスできるようになります。

  [root@www network-scripts]# ping 192.168.200.10
  PING 192.168.200.10 (192.168.200.10) 56(84) bytes of data.
  64 bytes from 192.168.200.10: icmp_seq=1 ttl=128 time=1.74 ms
  64 bytes from 192.168.200.10: icmp_seq=2 ttl=128 time=0.826 ms


 後はwww.sco.jpの自前のアプリで、www.picolix.jpに転送しているところを192.168.200.11
 に書き換えて終わり。


 

2014年5月12日月曜日

OSgrid テレポート先のChannelVersionの取得:(OpenMetaverse libomv-0.9.1)

この記事は自分用です。
最近、OSgridのopensimのバージョンアップ更新頻度が高く、当方所有のSIM (aska) もUPDATEするのも手間です。
Viewer Firestormでテレポートすると、simulatorバージョンが異なると、↓のように
simulatorバージョン(ChannelVersion)の詳細を表示してくれます

この詳細バージョンのデータを何とか、OpenMetaverse libomvのDLLでChannelVersionを取得したく、FireStorm Viewerのソースコードとlibomv-0.9.1のソースコードを少し漁りました。
結局、サーバからAgentMovementCompleteのメッセージが来たときに、目的のデータが入っていました。

とりあえず、、OpenMetaverse libomvのNetworkManager.csに###部を追加して強制的に表示してみた。
これだと汎用性がないので、別途OpenMetaverse.Packetsをcallbackで自アプリの方に実装する予定。


//***NetworkManager.cs
        private void IncomingPacketHandler()
        {
            IncomingPacket incomingPacket = new IncomingPacket();
            Packet packet = null;
            Simulator simulator = null;

            while (connected)
            {
                // Reset packet to null for the check below
                packet = null;

                if (PacketInbox.Dequeue(100, ref incomingPacket))
                {
                    packet = incomingPacket.Packet;

                    simulator = incomingPacket.Simulator;

                    if (packet != null)
                    {
                        // Skip blacklisted packets
                        if (UDPBlacklist.Contains(packet.Type.ToString()))
                        {
                            Logger.Log(String.Format("Discarding Blacklisted packet {0} from {1}",
                                packet.Type, simulator.IPEndPoint), Helpers.LogLevel.Warning);
                            return;
                        }
//#################### 追加
                        if (packet.Type.ToString() == "AgentMovementComplete")
                        {
                            Console.WriteLine("#### Networkmanager.cs ####:..." + packet.Type.ToString());
                            string packetText = PacketDecoder.PacketToString(packet);
                            Console.WriteLine(packetText);
                        }    
//####################
                        // Fire the callback(s), if any
                        PacketEvents.RaiseEvent(packet.Type, packet, simulator);
                    }
                }
            }
        }
====


ChannelVersion: OpenSim 0.8.0 Dev          OSgrid 0.8.0 (Dev) 73891c7: 2014-05-09 (Unix/Mono)
が取得できてます。で、それがどうしたのと言われても特に何もありません・・。


関連:

FireStorm Viewer のビルド & サイズ制限解除(1024mまでok,メッシュも)


2014年4月20日日曜日

SMAIL 4.18にバージョンアップしました。openSSL 1.0.1gにライブラリをバージョンアップ。脆弱性対策(CVE-2014-0160)

「OpenSSLに脆弱性、クライアントやサーバにメモリ露呈の恐れ」ということで、
openssl 1.0.1から 1.0.1fが対象です。
SMAILはメールクライアントソフトで、サーバタイプではないのですが、
OpenSSLに脆弱性に該当するメールサーバに接続した場合に影響あるかも
ということで、openSSL 1.0.1gのライブラリーを組み込みました。
*前バージョンSMAIL 4.17は、openSSL 1.0.1eを使用しています。



OpenSSLに脆弱性、クライアントやサーバにメモリ露呈の恐れ

2014年1月17日金曜日

[メモ] oci_bind_by_nameでのbindする値がNULL時のエラー対策。PHP 4.4.9 / oci8 Revision: 1.273 / Oracle Version 10.1



PHP Version 4.4.9 / oci8 Revision: 1.273 / Oracle Version  10.1
で oci_bind_by_name($stmt, ':dummy', $dummy);
$dummy が NULLの時、oci_bind_by_nameはなぜかエラーとなります。

エラー内容:
Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted (tried to allocate -153092211 bytes)

ググっても対策方法が出て来ないのでトライ&エラーで対応。

$dummy = "";
$dummy = null;
どれもだめで、以下にするとOK

$dummy .= "";
空文字を連結するとなぜかOKとなる。多分変数$dummyのメモリー上に
何かがセットされて、oci_bind_by_nameの方で正しくNULLが認識された!?


$sql = "select sysdate from dual where sysdate > :dummy";
if($dummy == ""){
          $dummy .= "";
}
$stmt = oci_parse($Conn,$sql);
oci_bind_by_name($stmt, ':dummy', $dummy);