2014年4月20日日曜日

SMAIL 4.18にバージョンアップしました。openSSL 1.0.1gにライブラリをバージョンアップ。脆弱性対策(CVE-2014-0160)

「OpenSSLに脆弱性、クライアントやサーバにメモリ露呈の恐れ」ということで、
openssl 1.0.1から 1.0.1fが対象です。
SMAILはメールクライアントソフトで、サーバタイプではないのですが、
OpenSSLに脆弱性に該当するメールサーバに接続した場合に影響あるかも
ということで、openSSL 1.0.1gのライブラリーを組み込みました。
*前バージョンSMAIL 4.17は、openSSL 1.0.1eを使用しています。



OpenSSLに脆弱性、クライアントやサーバにメモリ露呈の恐れ

2014年1月17日金曜日

[メモ] oci_bind_by_nameでのbindする値がNULL時のエラー対策。PHP 4.4.9 / oci8 Revision: 1.273 / Oracle Version 10.1



PHP Version 4.4.9 / oci8 Revision: 1.273 / Oracle Version  10.1
で oci_bind_by_name($stmt, ':dummy', $dummy);
$dummy が NULLの時、oci_bind_by_nameはなぜかエラーとなります。

エラー内容:
Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted (tried to allocate -153092211 bytes)

ググっても対策方法が出て来ないのでトライ&エラーで対応。

$dummy = "";
$dummy = null;
どれもだめで、以下にするとOK

$dummy .= "";
空文字を連結するとなぜかOKとなる。多分変数$dummyのメモリー上に
何かがセットされて、oci_bind_by_nameの方で正しくNULLが認識された!?


$sql = "select sysdate from dual where sysdate > :dummy";
if($dummy == ""){
          $dummy .= "";
}
$stmt = oci_parse($Conn,$sql);
oci_bind_by_name($stmt, ':dummy', $dummy);


2013年12月8日日曜日

Windows Azure “仮想マシン”作成

マイクロソフト BizSpark審査承認されました。
http://www.microsoft.com/ja-jp/mic/bizspark/

MSDN サブスクリプション を無料で利用できます。
また、Windows Azure を3年間で最大 ¥454,500分を無償で利用できます。
(登録月¥17,000,以降毎月¥12,500分が提供される。)
Windows Azureを有効化するときに、携帯電話を使った認証(SMS認証)がありますが、
クレジットカードの登録とかは必要ありません。

今回、Windows Azureで“仮想マシン” Windows 2008 Server R2 Datacenterを作成してみました。
私は、さくらでVPS(仮想専用サーバ)を2台(LinuxとWindows)を借りていますがこれと似たようなものですがちょっと制限があります。

【Windows Azure 仮想マシン】注意事項

1)外部に公開するポートは、エンドポイントで登録しないといけない。
2)untrust側のpingは送受信ともフィルターされているっぽい。
3)IPアドレスの逆引きは設定されていない。
   *メールサービス関連を実装するときは要注意です。
    逆引きができないので、メールサーバによっては拒否されます。
    SMTP認証等を実装している外部のSMTPサーバを使う必要があります。

   *場合によっては、逆引きされているIPもあります。
    これは、たまたまマイクロソフトが別サービスのため設定しているものです。
    例)book.azurewebsites.net
      waws-prod-am2-003.cloudapp.net [137.117.224.218]
      nslookup 137.117.224.218
      名前:    dreamspark.ro
      Address:  137.117.224.218

4)使用制限(デフォルト)をかけていますので、無償分のクレジットを超えるとその月は停止されます。
   *これに関しては超えないような、構成を選択しているのでほぼ問題ないかと思います。
   *制限は削除できますが、削除したら制限を再度有効化できません。

5)”仮想マシン” の新規作成は“ギャラリー” から好きなものを選んで作成する。
   http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/virtual-machines/
   *仮想マシン以外にクラウドサービス、ストレージが作成されます。
   *設置場所は、東アジアもありますが、米国西部にしました。
    これは、送信データ転送料が安いのと、踏み台サーバにした時に何かと良いので。
   *インストールモデルは英語版のみとなりますが、言語パックダウンロードして
    日本語を適用させると問題なく日本語化できます。こちら参照↓
    http://yomon.hatenablog.com/entry/2013/06/15/%E3%80%90Azure%E3%80%91%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%89%88Windows_2008R2SP1%E3%82%92%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%B8%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%99%E3%82%8B%E6%89%8B%E9%A0%86

6)料金について
  ・仮想マシン :S (A1) 1CPU/ MEM 1.75GB ¥7.48 (~ ¥5,561/月)
  ・クラウド サービス:S (A1) 1CPU/ MEM 1.75GB ¥6.65 (~ ¥4,982.37/月)
    ・ストレージ: 最初の 1 TB 1/月 ¥7.89 (GB あたり) ¥5.82 (GB あたり)
    ・送信データ転送(Windows Azure データ センターから出ていくデータ):
       最初の 5 GB/月 1 無料
       5GB~10TB 2/月 ¥9.97 (GB あたり)
多分、無償でいけそう。

【仮想マシン Windows 2008 Server R2 Datacenter】
    CPU:AMD Opteron 4171HE 2.09GHz /MEM:1.75G

  とりあえず今のところ使い道がないので、テストでWEBOSGRID(opensim)に接続しました。
  OSGRID(opensim)は、1SIMの場合TCP,UDP 9000を開ければ良いので、Windows Azureの
  仮想マシンのエンドポイント設定で、TCP 9000、UDP 9000を登録しておきます。
  
  <サービス>
    ・Apache 2.2 / php5.4.7 / Mysql5.5
    ・Opensim 0.8.0

2013年11月18日月曜日

OSgrid OpenSimulator 0.8.0.dev.f94d07f 11-16-2013 リリースされました。

SNS MANIAXXのOpenSimのトピックより、
=================
.NET Framework:Version 4.0以上
Mono:Version 2.10.8.1以上
=================
の情報を頂いて、monoを最新の3.2.3にしてopensim-11162013.v0.8.0.f94d07f
http://www.osgrid.org/index.php/downloads
を動作(osgrid: aska)させました。 * mono 2.10.8でも動作しました。

以前、libomv-0.9.1で作ったlogininfo.exeで
opensimにログインできるかチェックするプログラムですが、opensim-11162013.v0.8.0.f94d07fで起動させると、

[root@www opensim-11162013.v0.8.0.f94d07f]# /usr/local/bin/mono logininfo.exe firstname secondname password "aska/20/60/40" "http://login.osgrid.org"
Missing method .ctor in assembly /projects/opensim1162013.v0.8.0.f94d07f/SmartThreadPool.dll, type System.Runtime.Versioning.TargetFrameworkAttribute
Can't find custom attr constructor image: /projects/opensim-11162013.v0.8.0.f94d07f/
Aborted
でabortして動作せず。

「System.Runtime.Versioning.TargetFrameworkAttribute」でエラーなので、
多分、NET Framework のバージョン関連でエラーになっているのかもということで、
logininfo.exeのコンパイル時の対象フレームワークを見てみると今まで3.5でコンパイルしていたので、
これを.NET Framework:Version 4にしてコンパイルして実装しました。(正常動作しました。)

logininfo.exeはこちらにUPしておきます。

http://dip.picolix.jp/free/soft/logininfo.exe
http://dip.picolix.jp/free/soft/osgrid_login.pl.txt

使い方:
 1) logininfo.exeを OpenSim.exeと同じフォルダーにコピー。
 2) cmd窓(dos窓)で
     logininfo.exe firstname lastname password simname/x/y/height login-server-url
     *linuxはmonoで実行して下さい。(.NET Framework 4以上)

    例)logininfo.exe  aaaaa bbbbb xxxxxx "Wright Plaza/128/128/40" "http://login.osgrid.org"
      Login:...aaaa bbbbb
      Login success Welcome to OSGrid...
      Teleported [Wright Plaza/128/128/40]
      Logout:...

      戻り値
      //windows: echo %ERRORLEVEL%
      //linx : echo $?
   // 0:正常 1:失敗 2:ログインできたものの該当SIMに行けず。 3:失敗


2013年10月15日火曜日

CentOS6 tomcat7の起動が遅い問題対策。

「メモ」

1.tomcat7 ipv6無効及びrandamドライバー変更

 1) /etc/sysconfig/tomcat7に以下を追加。
  JAVA_OPTS="-Djava.net.preferIPv4Stack=true -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom"

 ※-Djava.net.preferIPv4Stack=trueは起動時のservlet50xエラー回避
   -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom"は起動時に数十秒かかってしまう場合がある問題の回避

  起動中に乱数生成で、/dev/randomが使われると
 「エントロピープールが空の場合、/dev/random から読み出そうとするとブロックされ、環境ノイズの収集がなされるまで待たされる。」
 wikiより。http://ja.wikipedia.org/wiki//dev/random

 で、代わりにノンブロッキングのurandomを使う。
 http://wiki.apache.org/tomcat/HowTo/FasterStartUp
 

2.web.xmlチューニング

 1) /project/sysk/WEB-INF/web.xmlのweb-appの後にmetadata-complete="true"を追加。

<web-app metadata-complete="true"
        xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
        xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee http://java.sun.com/xml/ns/j2e
e/web-app_2_4.xsd"
        version="2.4">

 ※WEB-INF/lib のアノテーションをVMがスキャンするのを無効にする。


 =============================
 1.ipv6そのものを無効にしたい時

 1) /etc/sysconfig/networkに以下を追加。
  NETWORKING_IPV6=no
 2) /etc/modprobe.d/disable-ipv6.confファイルを作成して以下を書く。
  options ipv6 disable=1
 3) ip6tablesサービスを起動している場合。
  chkconfig ip6tables off
 4) リブート
 ==============================

2013年10月12日土曜日

Softbank iPhone3GからiPhone5Sへ 機種変更優遇 25,000ポイント付与もらえました!

SoftbankのiPhone3GからDOCOMOのiPhone5S(16G)にMNPで乗り換えようとして9/21にMNP発行してもらってDOCOMOに予約。
=>
DOCOMOから昨日入荷TELがあり、MNPの有効期限が切れていたので、*5533にMNPをまた発行手続きすると・・・

乗り換え理由とかいろいろ聞かれて、最後にまあとりあえずDOCOMOに乗り換えますと言ったところ、お客様のTELに25,000ポイント付与が当たってますと言われました!!!
当たっている人は少なく、契約年数、使用料とランダム抽選でポイント付与されるらしい。

そんなキャンペーンなんて聞いてないし、前回のMNP発行でもなかったしネットで調べたところありました。

http://amazonews.org/225/
*5533からMNP手続きすると
5000,10000,15000ポイントの付与が場合によりあるらしい。
今回、私は25,000ポイント(機種変更のみに使える)なので上位の方です!

ということで、25,000ポイントもあればiPhone5S(64G)でもいけるので、
早速DOCOMOさんには悪いけど予約キャンセルしました。

2013年10月1日火曜日

パズドラ テクダン+タマ5倍 聖獣達の楽園で たまドラ+がドロップ

テクダン+タマ5倍で、聖獣達の楽園行ったら、たまドラの+タマが落ちた。能力覚醒用モンスターは+になれるんですね。